雑炊風のスープご飯が大好きです。

2歳の息子に食べたいものを聞くと、結構な頻度で「スープ!」と答えます。
しかし、これ、スープ全般を指しているわけじゃなくて、特定の食べ物を指しているんです。
それは、白米の上に市販のたまごスープを乗っけて、お湯をかけたもの。
出来上がりは、わかめの入ったたまご雑炊みたいになります。
料理と呼ぶにはおこがましい、このスープごはんが、息子は大好きです。
きっかけはいつだったでしょうか。
あるとき、息子にそのスープごはんを与えてから一気に好きになったみたいです。
たまごスープも、なんでもいいわけではなく、ある特定のメーカーさんが出しているスープが好みみたいです。
不思議ですね。
たしかにそのスープ、美味しいですし、ご飯を入れても、たしかに美味しいんですが…。
2歳児のご飯としてそれがアリなのか?って自問すると「うーん」ってなります。
でも、楽なんですよね。
息子は絶賛偏食で、とにかく「食べたいものしか食べてくれない」傾向があって。
野菜も肉類も、気分が乗らないと食べてくれないんです。
でも、このスープなら違う。
絶対に食べてくれるんです。
しかもすごい量のご飯を食べてくれます。
朝、どうしても時間がないとき。
昼、手を抜いてしまいたいとき。
夜、お出かけ帰りで急いでご飯を食べさせたいとき。
そんなとき、すごく重宝してます。
お湯注ぐだけですからね(笑)
栄養面は微妙ですが、スープのストックだけは気を使っている毎日です。

Copyright(c) 2013 楽しく出会うには All Rights Reserved.